乾くと皮がめくれるような水虫には抗真菌薬が効果的

水虫の治療薬には、皮膚科で処方される医療用医薬品と、薬局やドラッグストアで購入できる一般用医療品があります。
現在ドラッグストアなどでは、たくさんの水虫治療薬が並んでいます。
この水虫薬の主成分は、抗真菌薬という薬で、塩酸テルビナフィンや塩酸ブテナフィン、塩酸アモロルフィン、ラコナゾールなどがあります。
塩酸テルビナフィンは、世界中でもっとも多く使用されている成分で、高い抗真菌作用と即効性があるのが特徴です。エポキシターゾという酵素を阻害することで、白癬菌の増殖を抑制し、細胞幕を破壊して殺菌します。
塩酸ブテナフィンは、テルビナフィンとほぼ同じような効果がありますが、カンジタにはあまり効果はみられません。
塩酸アモロルフィンは、白癬菌とカンジタの両方に効果があり、細胞膜の生成を2段階で阻害して殺菌します。
ラコナゾールは、白癬菌の殺菌効果が高く、カンジタにも効果があります。

水虫は、できる場所によってかゆみなどの自覚症状がないこともあります。
また症状があせもや湿疹などのほかの皮膚疾患とよく似ていることもあるため、水虫を見分けるのは一般の人には難しいため、専門医を受診する必要があります。
皮膚科では、患部の表面の皮膚を削り、顕微鏡でみるだけで水虫かどうかがすぐにわかります。
特に爪水虫は、塗り薬が爪の奥まで浸透することが難しく、治療には外用薬だけでなく内服薬も必要となります。

専門医を受診した方が良いケースは、水虫が広範囲にでていたり、掻き壊してしまい出血し、ジュクジュクして患部が乾くと皮がめくれたり、化膿している場合、市販薬を1ヶ月以上使用していても効果がない場合には、皮膚科の専門医を受診するとよいでしょう。