営業職の人がかかりやすい水虫を治療するには

水虫は、足の指の間にジュクジュクした傷が出来たり、足に水泡が出来てかゆかったりする不快な症状が出る病気として知られています。
水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚の角質層に感染することで発症する病気で、実は足に起こる足白癬の他にも、爪に症状が出る爪白癬や身体に発症する体部白癬など色々な種類があります。
ところで、営業職は靴を履いて歩き回ることが多いのが特徴の仕事なので、足に水虫が出来てしまうことが多い職業です。
なぜ靴を履いて歩く時間が長いと水虫になりやすいのかと言うと、この病気の原因菌となる白癬菌が高温多湿の環境を好むので、長時間靴を履いていて靴の中の足がむれてしまうと、そこで白癬菌が増殖しやすいからです。
もちろん営業職以外の仕事の人でも、長時間靴を履いている人や体温が高くて汗をかきやすい人などは、水虫に要注意と言えます。
さて、そんな足の水虫を治療するには、薬局で売られている市販薬を使うか、皮膚科を受診して薬を処方してもらう方法が考えられます。
水虫の治療には根気が必要であると言われており、薬を塗っていてかゆみなどの症状が無くなってからも、1~2カ月は患部に薬を塗り続けることが大切だとされています。
その理由は、表面的には治ったように見えていても、皮膚の奥深くでまだ白癬菌が生きていることがあり、そんな状態で薬を使うのをやめてしまうとまた白癬菌が増殖して症状が再発してしまうおそれがあるからです。
ちなみに、水虫の治療に使われる薬は、カビの仲間を殺菌する働きを持つ、抗真菌薬と呼ばれるタイプの薬となります。
抗真菌薬にはよく見かける足に塗るようなタイプの他に、内服薬のものもあり、そちらは爪に症状が出る爪白癬の治療などに使われています。
もしも、足がムズムズとかゆかったり水泡が出来ているなら、薬局や皮膚科で相談して早めに治療を開始するのがおすすめです。