水虫の市販薬の効能と売れ筋のタイプについて

近年では薬局やドラッグストアで市販されている水虫薬も効果があり、完治できる程の薬も販売されるようもになりました。効能も水虫の種類によって選ぶことでより効果があるとされています。
例えば足の指の間などがジュクジュクし痒くなるのならクリームタイプとの相性が良く、患部だけでなくその周辺にまで塗ることで効果を発揮します。同じく足の指でもカサカサしているのなら液状が適しています。液状は手を汚さずに塗布することが出来るので清潔に出来るのが良いのですが、刺激が強くジュクジュクしたような患部だと痛みを感じることがあるので注意しましょう。同じくカサカサしたタイプにはスプレータイプも相性が良いです。こちらも患部を触る必要が無く広範囲に塗布できるメリットがあります。しかし1日に数回使用するタイプは薬の効き目が弱いので、スプレータイプを選ぶ場合は1日1回でも効果があるものを選ぶと良いでしょう。患部が痛みを感じる場合は軟膏タイプが良いです。クリームタイプと似ている形状ですが、油分が配合されているので刺激が弱く、患部に留まって治療することが出来ます。
市販されている水虫薬の売れ筋のタイプを見ると、クリームタイプが上位を占めます。クリームタイプは軟膏タイプほどべたつかないので使用感が良く、患部にしっかり留まり治療の効果が長く続くので人気があります。
水虫薬は患部が治ったように見え痒くなくなっても完全に死滅させるためには、その後最低1カ月は使用する必要があり、症状が改善したから使用を中止しては再発する可能性があります。また重症化した水虫は市販薬でも治る可能性が低いので、使用して数ヶ月経っても症状が改善しない場合は皮膚科で治療することをお勧めします。