水虫を完治させるためのポイント

水虫は1度なってしまうと、皮膚科での治療でなければ治す事が出来ません。
塩を塗れば良い、患部を酢に浸せば良いなどの民間療法もありますが、これらでは水虫の原因となる白癬菌を除菌する事は出来ないのです。
白癬菌は真菌の1種で、いわばカビです。
皮膚に付着すると角質層に入り込み、様々な症状を起こします。
水虫の代表的な症状は、強い痒み、皮膚のめくれ・ジュクジュク感、水疱です。
これらの症状が現れたり、何となく皮膚に違和感を感じたら白癬菌に感染している恐れがあるので、早めに皮膚科を受診しましょう。
検査で白癬菌が確認されたら、抗真菌薬で治療を行います。
抗真菌薬は真菌に作用する成分が含まれており、水虫を完治させる事が可能です。
皮膚のみに症状が出ている場合は、抗真菌成分を配合した外用薬での治療となります。
症状があまりにも悪化していたり、爪やかかとに白癬菌が感染している場合は、より作用の強力な内服薬で治療するケースもあるようです。
多くの場合は外用薬での治療となるでしょう。
ただ、治療を始めたから治るという考え方は禁物です。
正しく治療を行わないと、完治までに時間がかかってしまったり、再発を繰り返してしまう恐れがあります。
まず、外用薬を塗るのは患部を清潔にしてからにしましょう。
この時、外用薬を塗る手に白癬菌が付着してしまう恐れがあるので、塗った後は必ず手をあらいます。
外用薬は症状が出ている所だけに塗ってしまいがちですが、白癬菌は今は症状が出てない、患部の周りにも感染が広がっているかもしれません。
外用薬は広範囲に塗るのがコツです。
最近の抗真菌薬は効果が高いので、治療を始めるとすぐに症状が治まります。
ここで水虫が治ったと勘違いし医師の判断無く、勝手に治療を止めてしまうと症状がぶり返す恐れがあります。
治療の止め時は、必ず医師の診察を受けてから決めましょう。